FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モデルハウス

今月オープンした、知人のモデルハウスの見学に行ってきました。

デザインの提案を、これまでとガラッと変えるという試みをしています。
チャレンジングですね。
訪れるお客さんの反応も変わってきているようです。

モデルハウスは、工務店からお客さんにメッセージを伝える場ですからね。

家をつくるとき、
カタログや図面では実物がイメージできないというニーズがあります。
そのため、現物を確認するために見せるのがモデルハウスになるのですが、
大手住宅メーカーと地域の工務店では、モデルハウスの「魅せ方」も変わります。


例えば
長岡市で住宅メーカーのモデルハウスのある総合展示場といえば、ここでしょうか。

住まいの広場
住まいの広場 長岡会場

大規模なイベントも行われていますし、大手住宅メーカー13社が勢ぞろいです。
これから、家をつくる人は足を運ぶことがあるかもしれません。

ここでは、憧れるような新しい暮らし方を見せてくれる・かもしれません。

しかし、私たちがモデルハウスで提案することは、
新しい暮らしの現実感を持ってもらえるように伝えたい思っています。

ですから、モデルハウスは最初に訪れない方がいいです。
新しい暮らしのイメージが具体的になってきた段階で見に行くようにしていただくと、しっかりした判断基準でみれるようになります。

それと、カタログや数値で伝えきれないのが、
「温熱環境」
つまり”快適さ”とか”気持ちよさ”といった感覚で感じる部分です。
これは、体感して頂かないとわからないところかもしれません。

特にモデルハウスの見学で感じたのは、快適に暮らすための温熱環境の考え方をどう伝えるかです。
冷暖房機器の選択や、断熱工法の選択。
太陽熱利用や、地熱利用といった選択肢もでてきています。

どれを選んで、どのように使えばいいのか。
次回から掘り下げて話をしていこうと思います。

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

ホームページはこちらから

アイビーホーム ホームページ

訪問ありがとうございます
ようこそ
お問い合わせは・・
こちらからどうぞ。

最新の記事
カテゴリー
過去ログ
日経ホームビルダー掲載

2007一人当たり売上高

保証加盟団体
(株)日本住宅保証検査機構

お役立リンク
施工作品7
u001110710
i001m001
k001h001
KT 001ss001
NY001KM001
施工作品6
HD001TD001
ST001KI001
SM001ta001
su001ku001
ts001ya001
施工作品5

ji001ot001 kk001ss001 gd001AF001 KG001TG001 SOZAISM001

施工作品4

TS001kn001
wk001wt001KT001HI001
MK001MM001
MT001MZ001

施工作品3

OK001TD001
KH001NM001
O001HG001
ST1006IT001
YT001OY001

施工作品2

TG001MZ001
HD001TS001
MS001GO001
KT001TY001
KS001KJ001

施工作品

TN001TS001
KR001OM001
FS001MJ003
IO003AH003
KO001KK001

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。