FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パナソニック製エコキュートのリコール

パナソニック製エコキュートのリコールが発表されました。

7月25日に窓口対応が始まっています。

エコキュートは特にオール電化など都市ガスを使われないお宅でかなり採用されています。
今回は屋外に設置されているヒートポンプユニットに問題が見つかったとのことです。

対象は、2003年11月から2013年1月までに製造した199機種です。

パナソニックエコキュート


引用 朝日新聞デジタル 
パナソニックは2003年11月~13年1月に製造した家庭用給湯器「エコキュート」計103万台をリコール(無償修理・部品交換)する。同社はエコキュートのトップメーカーで、国内の約4分の1が対象となる。25日に窓口を設け、対応を始める。

 熱を生み出す圧縮機という部品が破裂する事故が14件起きていた。リコールは期間中に製造した全208機種が対象。103万台のうち、自社ブランドの「ナショナル」「パナソニック」が98万台で、他社ブランドの「コロナ」「ユーリッチ」が計5万台。無料で点検し、対策をする。

 最初の事故は、13年1月に兵庫県の住宅で起き、これまでに14件あった。このうち、5件は圧縮機の破裂で近くにあったものが壊れたが、けがをした人はおらず、火事もなかったという。パナソニックによると、原因は金属でできた圧縮機の腐食。機器の底板に塩分を含んだ水がたまると、圧縮機を覆う防音材が吸い上げ、腐食が進んだとみられるという。

 「エコキュート」は、大気中の熱を集めてお湯を沸かす省エネ型の給湯器に各メーカーが共通でつけている愛称。全体では01年以降に計430万台以上が販売された。


パナソニック、給湯器103万台リコール エコキュート(朝日新聞)

パナソニックのリコールサポートはこちら
ナショナル、パナソニック 家庭用ヒートポンプ給湯機(エコキュート)無料点検・部品交換のお知らせ

弊社でも該当製品を設置されているお客様がいましたのでお知らせしました。
今回は大きな事故になる前の対応でよかったです。
スポンサーサイト

テーマ : 家づくり
ジャンル : 地域情報

ホームページはこちらから

アイビーホーム ホームページ

訪問ありがとうございます
ようこそ
お問い合わせは・・
こちらからどうぞ。

最新の記事
カテゴリー
過去ログ
日経ホームビルダー掲載

2007一人当たり売上高

保証加盟団体
(株)日本住宅保証検査機構

お役立リンク
施工作品7
u001110710
i001m001
k001h001
KT 001ss001
NY001KM001
施工作品6
HD001TD001
ST001KI001
SM001ta001
su001ku001
ts001ya001
施工作品5

ji001ot001 kk001ss001 gd001AF001 KG001TG001 SOZAISM001

施工作品4

TS001kn001
wk001wt001KT001HI001
MK001MM001
MT001MZ001

施工作品3

OK001TD001
KH001NM001
O001HG001
ST1006IT001
YT001OY001

施工作品2

TG001MZ001
HD001TS001
MS001GO001
KT001TY001
KS001KJ001

施工作品

TN001TS001
KR001OM001
FS001MJ003
IO003AH003
KO001KK001

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。