スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅の気密

平成29年3月14日 稲保の住宅で気密性能試験を行いました。

工事中の気密測定ではなく、お引渡し段階の完成住宅の気密測定です。
今から少し前の、「次世代省エネルギー基準」で家づくりをしていたころは、住宅の断熱性能と気密性能の基準値が設けられていました。今では、高断熱と高気密は家づくりの”基本”となり、これからの住宅は、省エネからゼロ・エネルギーへと向かうようになりました。

ゼロ・エネルギーというと「エネルギーを使わない家?」と思われる人もいるのではないかと思いますが、これは、消費するエネルギーをプラスマイナス0にしようとする家づくりのことなので、エネルギーを使わない訳ではないのです。ということは、消費エネルギーをプラスマイナス0にする方法も実に様々あるという訳です。

一番手っ取り早い方法は、消費電力の少ない設備機器を使って、使う分をしっかり発電する。誰にでもできる簡単な方法ですね。
でも、この方法を受け入れると、高性能なエアコンや発電設備の導入を簡単すすめられそうな気がしませんか?

そうすると、そもそも必要なエネルギーがもっと少なくなれば、いつ壊れるか分からい設備機器に、そんなに高価なものを選ばなくてもよくなるとも言えます。そうなると、目を向けられるのが、住宅そのものの性能です。

住宅の性能は、外皮の性能と一次エネルギー消費量で表示されます。この住宅の性能で、断熱がどのくらいされていて、どれくらいのエネルギーを使う家になっているのかを知ることができます。

断熱性能は、外皮平均熱貫流率(UA値)で表示します。新潟県長岡市の基準値は、0.75w/(m2・K) です。

稲保の住宅では、0.54w/(m2・K)の設計です。断熱等級4の性能を確保しています。
一次エネルギー消費量を基準値より10%以上削減することで、省エネ等級5としています。
現在、この地域で建てられている”一般的な高断熱住宅”の仕様でつくっている家です。

さて、ここからが本題です。
先ほど、高断熱と高気密が家づくりの基本とお話しました。では、気密住宅とはどんな家なのでしょうか?
次世代省エネ基準では、これを相当隙間面積(C値)で表示しています。この相当隙間面積というのは、家の隙間面積を合計(cm2)し、家の延べ面積(m2)で割った数値です。新潟県では、5cm2/m2以上の家が”高気密住宅”とされていました。
ただし、この性能というのは、次世代省エネ基準がつくられたときの基準値です。

どんなに高断熱に家を包んでも、あちこちに隙間があっては、その性能を十分に発揮できないだけでなく、いろんな悪影響を及ぼすことになります。

住宅の気密測定は、工事中に測定して性能を確認したり、工事完了時に測定して性能を確認します。でも、場合によってはそれからエアコンを設置したり、家の気密化に影響するような作業が行われるケースもあります。そこで、今回は全てが整ったお引渡し前の状態で、実際の隙間面積を測定する気密測定を行ってみました。

測定状況
気密測定の様子
測定装置は、コーナー札幌(株)のKNS-400Ⅱ-P型です。
測定方法は、JIS A2201:2003による送風機にによる気密性能試験法としています。

測定機器
右上のデジタルで表示されている数値が、開口面積で家の隙間の面積になります。
隙間面積が全体で、100cm2あることになります。この数値から、家全体の隙間を合わせると、10cm×10cm程あることが分かります。この面積を延べ面積で割ると、隙間相当面積(C値)を求めることができます。

気密性能試験結果がこちら
測定結果
隙間相当面積(C値)は、0.8cm2/m2でした。
この段階での測定としては、1.0を切る数値となったので問題ない結果です。しかし、測定していただいた”気密測定技能者”の話によれば、施工のポイントをしっかり押さえれば、0.3くらいの数値で抑えることもできることが分かりました。高気密化工事は、職人と工事管理者の技量によるところが大きい部分です。今回の結果を踏まえて、施工精度と工事管理のさらなる向上を図っていきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 家づくり
ジャンル : 地域情報

省エネ住宅って何だ?

ZEHイメージ
出典:資源エネルギー庁 ZEHのイメージ図


 ”冬は寒くて、夏は暑い”四季を感じる一つに気温の変化があります。
ところが、家の中で過ごすことを考えると”冬は暖かかくて、夏は涼しい”方が快適です。

 今、家のことに興味を持っているようなら、”ZEH”(ゼッチと読みます)や”HEAT20”(ヒート20と読みます)といった用語を、最近よく耳にすると思いませんか?

 現在、住宅事情は「省エネ」というキーワードで、これからの家づくりに大きな影響を及ぼす変革期を迎えています。これからの家は、エアコン一つでも”冬は暖かくて、夏は涼しい”ことが”常識”になっていくのでしょうか?

 確かに少し前までは、こんな話を聞いたこともありました。
「窓を開けられない家は息苦しい気がする」とか「エアコンは極力使わないようにしている」といったことを真剣に話してくれる人もいました。窓を開けて通風を取ったり、冷暖房を使わない生活も”省エネ”・”エコ”に違いありませんが、快適に過ごせるのは1年のほんのわずかな時期です。

 それに対して、現在の”省エネ”に対する考え方のスタンダードは”断熱”です。
1年を通してエネルギーの消費が少ない家ほど”省エネ”なんだと考えている訳です。その流れを受けて、政府が2020年に住宅の省エネ基準義務化を打ち出しています。つまり、これからの家づくりは”高断熱の家”でなければ、エコに対する不届きな”非常識”な家づくりと言われているようなものです。

 さて、そんな時代に家づくりを始めるあなたは、これまでに家づくりをした人より幸せなのでしょうか?

 きっと、あなたがスタンダードな主流派なら、間違いなく”得”でしょう。世の中には、断熱のことを対して気にしないで家づくりしてきた人たちも多くいます。これが家づくりのスタンダードになれば、誰もが恩恵を受けることができる”常識”になります。

 もし、あなたが「そんな流れにとらわれたくない!もっと、デザインにこだわりたいんだ」といった考えをお持ちであれば、非主流派として”非常識”な家を求めていることになるのです。つまり、家の断熱にしっかり予算を振り分けられることが、これからの家づくりに求められているとも言えるのです。

 おおよそそんなところが、「省エネ」というキーワードから見えてくる筋書ではないでしょうか?
その気になって、少しまわりを見てみれば、きっと、省エネをガンガンおしている広告に気が付くと思います。最近では、大手ハウスメーカーの新築住宅の実に6割程が省エネ住宅に変わっているようです。

 これからの考え方一つで、”何が幸せなのか”家づくりも変わりそうですね。

 これまで、省エネ=断熱の話をしてきました。
先に出てきたZEHとは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスのことで、ゼロエネルギー住宅とも言います。これは、家の消費エネルギーをプラスマイナス0にしようという家づくりです。普通に人が生活していれば、エネルギー消費しないなんて有り得ない訳ですから、それを補うエネルギーを自らつくり出すことにになります。

 そう、太陽光発電などの発電設備ですね。大手ハウスメーカーのように大量販売するところに、ピッタリの追加販売が簡単に出来てしまう仕組みになっていると思いませんか?ちょっと斜めから見ると、そんな風にも見えてしまうのがゼロエネルギー住宅なのかもしれません。

 そして、家の断熱のことでもう一つ重要なこと、それは”気密”です。
高断熱・高気密と言葉もセットで使われるように、高気密化なくして高断熱住宅は有り得ないのです。どんなにモコモコのダウンジャケットを着込んでも、雨や風がスースー入ってくれば、まったくあったかくなりません。家も同じように、いくら包んであたためるようにしても、隙間がいっぱいだと全然あたたまりません。

 「しっかり断熱して、しっかり気密する」ことが省エネ住宅の最低条件といえます。
ところが、断熱は厚く包んでやればどんどん高断熱になります。それに対して気密は、何重にも包めば高気密になる訳ではありません。その差は”人の技量に頼ることになります”。誰か一人が不用意に隙間をつくってしまえば、どんな高断熱住宅も孔のあいた風船と同じ状態になってしまいます。

 そのような想いから、完成住宅の気密測定をやってみました。
工事中ではない、暮らし始める状態の完成住宅です。施工管理の状況によっては、このような段階のデータを公表しない、または測定しないところも、きっとあると思います。でも、しっかりデータを取ることで、今後の施工精度や管理体制をより高めていこうとしているところも多くあります。

 今回、私たちが完成住宅の気密測定結果を公開する理由は、3つです。

1つは、これからお住まいになるご家族に”安心”してもらいたいからです。
もう1つは、気密化は職人の技量によるところが大きく、そこにしっかりコストを振り分けていることを知っていただきたいからです。
最後に、私たちの住宅の省エネ化の流れへの考えにふれていただき、共感していただける方の家づくりをお手伝いしていきたいと思っています。

 あなたにとっての家が、幸せな住まいとなることを心から願っています。

それでは、気密測定の記事はこちらからご覧ください。
http://ibxhome.blog56.fc2.com/blog-entry-262.html

テーマ : 家づくり
ジャンル : 地域情報

水漏れ~~(+_+)

住まいの緊急事態。
雨漏り、水漏れ、お湯が出ない、水が止まらない・・・・・

水にまつわるトラブル。
そして、不思議とこのような緊急事態は夜や休日に発生します。

でも、考えてみれば昼間や平日にお留守になるような場合、
トラブルに気が付くのは、お休みのときになってしまう訳です。
そんな時に困るのが・・・
工事店やメーカーもお休みのことが多いのです。
週休2日が当たり前のようになった時代ですから、これも無理はありません。

では、あなたはどうしますか?

パッと思いつくところでは、くらし安心○シアン等の
24時間受付、365日対応をうたい文句にしているお店でしょうか。
本当に困っている時は、誰でもいいからすがりたい気持ちになるかもしれませんが、
初めて会う知らない人に見せるのって結構勇気入りますよね^^;

それもこれも、「家を建ててくれた住宅会社が頼りにならないからだよ!」
と言う声も聞こえてきそうですが・・・
なぜかこっちが急いでいるときは、相手は忙しくてすぐに来れないんです。
きっと、思い当たるところがありませんか?

水のトラブル解決には、配管工等の専門家の技術や知識をお借りするのが一番ですが、
技術力のある優秀な職人は常に仕事を抱えています。
有能な人は常に忙しいのです。
そして、住まいのトラブルは専門家を呼んでみると・・・
「実は単純なことだった。」なんてことも結構あります。
コンセントを差してなかっただけ・・・とか、経験ありませんか?

今日は、設備の専門家でなくても簡単に水漏れ箇所の特定ができる
便利アイテムをご紹介します。
下の画像をご覧ください。
キッチン水漏れ
温度差が色の違いで見えるサーモカメラです。
青くなっているところの裏側が水に濡れていることが一目で分かります。
他を調べなくても、この点検口から排水の裏側を確認してみれば、
水漏れの原因がつきとめられるということになります。

あとは、ドライバー1本あれば設備屋さんでなくても水漏れを解決できる。
場合もあります。
本当に配管工でなければ直せないような事態の場合もありますが、
そのような時は簡単には直らないので、一旦使用を中止することになるでしょう。

ちなみにこの事例では、ドライバー1本で無事解決でした(^^)

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

長期優良住宅の定期点検

お引渡し後3年になるお客様の住宅に定期点検に伺ってきました。

1歳になったお子様とご家族3人からお出迎えいただきました。

お伺いするまでの期間が少し空いてしまったので、
チェックリストに沿って気になる箇所から順に点検を行って、
建具などの調整を済ませました。

お掃除や日常の手入れもこまめにされていて、
良好な状態でお住まいになられています。

定期点検において、住宅のメンテナンスに大いに関わるのが、
屋根や外壁などの外部まわりです。
汚れや雨漏りなど建物の寿命に大いに関係する部分ですが、
お客様が日常的に点検したり清掃したりしずらいところでもあります。

暮らし始めてから一度も清掃していない・・・
なんてことも稀にあったりします。

今回の定期点検でわかったことは、
その外壁の維持管理の難しいところです。

外壁材として採用したのは、窯業系サイディング
ニチハのモエンエクセラード

マイクロガードによって外壁の汚れを洗い流すセルフクリーニング機能が特徴です。
マイクロガードというのは、ナノテクガードによるナノ親水マイクロガードです。

どういうことなのか調べると、
1)空気中の水分子で外壁表面に膜をつくる。

2)外壁の水分子に汚れが付着する。

3)雨と一緒に表面についた汚れが流れ落ちる。
これを繰り返すことで、セルフクリーニングを行う仕組みです。

メーカーの詳しい説明はこちら

点検で確認できたのが、外壁の北側部分
特に日当たりのないところで「藻」の発生が見られることです

これは、日が当たらないことで繁殖に良好な環境であるとともに、
外壁の親水性能というのも影響しているのではないかとも考えられます。
住宅の周辺環境によるところでもありますが、
改めて他の住宅も見渡すと、
結構この現象が確認できることがわかりました。

今回のお客様のところでは、メーカー推奨の除去剤を使って
様子を見ることにしました。

そして、窯業系サイディングのメンテナンスですが、
外壁が汚れてきたからといって、
高圧洗浄やスチーム洗浄などのメンテナンスはできません。
サイディングの塗膜そのものをいためてしまいます。

ここがメンテナンスに大いに関わるポイントです。
洗剤を使った水洗いが基本になることを忘れてはいけません。

日本窯業外装材協会
日本窯業外装材協会のメンテナンス情報はこちら

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

クルーズトレイン「JR東日本」

今日は先月JR東日本から発表された豪華クルーズトレインについて書いてみたい思う。

「時間と空間の移り変わりを楽しむ列車」をデザインコンセプトとし、KEN OKUYAMA DESIGN の奥山清行氏のプロデュースにより、ご旅行中にお客さまが快適にお過ごしいただくためのインテリアや、JR東日本のフラッグシップ列車としてふさわしいエクステリアデザインについて検討を進めて参りましたが、そのイメージは以下のとおりです。
編成は、先頭車(展望エリア付き動力車)2両、パブリックスペースとしてラウンジ車1両、ダイニング車1両、パーソナルスペースとして客室のデラックススイート車1両、スイート車5両の計10両
で構成いたします



エクステリア

展望エリア
近未来かつ開放感を表現したラウンジ

ラウンジエリア
くつろぎのラウンジソファで一生の思い出を共有

スイート1

スイート2
個室はメゾネット、リビング・キッチンまで

旅での非日常空間を体験する豪華クルーズトレインです。

観光立国の推進の一環として2012年から始まったプロジェクトですが、運航開始は2017年春ごろとのこと。
専用ページが用意されています。
JR東日本クルーズトレイン

日本の文化、自然の楽しみ方いろいろあります。
あなただったら、クルーズトレインでどこの旅に出かけますか?

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

モデルハウス

今月オープンした、知人のモデルハウスの見学に行ってきました。

デザインの提案を、これまでとガラッと変えるという試みをしています。
チャレンジングですね。
訪れるお客さんの反応も変わってきているようです。

モデルハウスは、工務店からお客さんにメッセージを伝える場ですからね。

家をつくるとき、
カタログや図面では実物がイメージできないというニーズがあります。
そのため、現物を確認するために見せるのがモデルハウスになるのですが、
大手住宅メーカーと地域の工務店では、モデルハウスの「魅せ方」も変わります。


例えば
長岡市で住宅メーカーのモデルハウスのある総合展示場といえば、ここでしょうか。

住まいの広場
住まいの広場 長岡会場

大規模なイベントも行われていますし、大手住宅メーカー13社が勢ぞろいです。
これから、家をつくる人は足を運ぶことがあるかもしれません。

ここでは、憧れるような新しい暮らし方を見せてくれる・かもしれません。

しかし、私たちがモデルハウスで提案することは、
新しい暮らしの現実感を持ってもらえるように伝えたい思っています。

ですから、モデルハウスは最初に訪れない方がいいです。
新しい暮らしのイメージが具体的になってきた段階で見に行くようにしていただくと、しっかりした判断基準でみれるようになります。

それと、カタログや数値で伝えきれないのが、
「温熱環境」
つまり”快適さ”とか”気持ちよさ”といった感覚で感じる部分です。
これは、体感して頂かないとわからないところかもしれません。

特にモデルハウスの見学で感じたのは、快適に暮らすための温熱環境の考え方をどう伝えるかです。
冷暖房機器の選択や、断熱工法の選択。
太陽熱利用や、地熱利用といった選択肢もでてきています。

どれを選んで、どのように使えばいいのか。
次回から掘り下げて話をしていこうと思います。

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

3Dプリンターで家ができる?

まじめに家をつくっている地方の工務店にとっては、驚きというより困惑するようなニュースがありましたね。

いろんなところで3Dプリンターの活用が研究されているようですが、少し前に報道で取り上げられていた内容です。
見ましたか?



中国の建設業者の取り組みのようですが、
住宅一棟の工事費は30万~50万円
住宅10棟を24時間で建てられる

実用には、強度や耐震・断熱性等の問題はありますが、ハウスメーカーのプレハブ建築の歴史もあることなので、注意深く様子を見ていった方がよさそうなニュースです。

実際、3Dプリンターの研究はアメリカの方がすすんでるみたいで、

・価格が安く抑えられる。
・工期を短くできる。
・廃材がでないので、環境にやさしい。

といったメリットがあげられています。

ぼくらの方はといえば、
長岡市内でも3Dプリンターを導入してきている業者と話題にしていたのは、
「建築模型のシュミレーションが素早くできるようになりそうだね」
なんてことだったので・・・

便利なツールだと思うので、身近な使い方考えていきたいところです。

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

家のコンセプト 大事ですよね

家をつくるとき「どう暮らしたいか」を考えます。

この「どう暮らしたいか」が、家のコンセプトになる訳ですが、
結構あいまいで、なかなかイメージしずらいですよね。

思っていること、考えていることを相手に伝えるの手段が「言葉」ですね。

そして、言葉にしたコンセプトを「キャッチコピー」と言ったりします。


このところ、
新しい家の提案イメージをまとめているところなのですが、
この「キャッチコピー」について、
いい話を聞いたので書き留めておきたいと思います。

「住宅広告のキャッチコピーはルミネに学べ!」

特に最近は男性よりも女性のうほうが積極的なことって、家づくりの場面でも結構あるなと感じます。
最近の旦那さんは奥さんの話をよく聞きますしね。


そこで、女性向けの広告はやっぱり「ファッション関係」が一番ということで、広告ポスターが話題にのぼる、ファッションビル「LUMINE ルミネ」の広告舞台裏を見てみました。
そこには男性ではまず思いつくことのないようなキャッチコピーの数々が・・・
ルミネマガジン

そのままではキャッチコピーとして使えませんが、視点を変えてみるきっかけになりそうですね。

そのなかで、響いたのがこれです。
2012年秋の広告撮影 ~WOMAN in Black~
キャッチコピー
魅力的な欠点がひとつあれば
どうしようもなく愛される。

完璧なものなんてないのだから、足りないことを魅力にできればかっこいいですね。

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

大きな家をやめて、もっと豊かな暮らしをはじめる方法

2DKのアパートに家族4人で暮らしているとすると、ある日
子供の成長とともにそこが狭く感じてくるようになりました。
この問題を解決する方法として、今より広い家を求めます。

家を持とうと考えるひとつのきっかけですが、
「子供部屋は二部屋必要だ」
「お客さんを迎える部屋が必要だ」
「趣味の部屋が必要だ」
家のイメージはどんどん大きくなっていることに気が付きます。

ちょっと昔の家を見て「二間続きの和室なんてムダじゃない」
と主張していたのも関わらず、広い家がいい家に見えてしまいます。


最近の住宅雑誌などでも「建てるなら小さな家」という特集を目にします。

このような記事を見て「身の丈に合わせて小さな家でいい」なんて考えると
あれを削り、これを変えて、それはやめようか。
一度ふくらんだイメージを縮めていくマイナスの発想をたどることになります。


あなたにぜひ知ってほしいこと

シンプルに考えると家はどんどん小さくなるという考え方です。

なぜなら、大きな家に住むと普段使わない部屋や、
手入れの出来ないところがでてきます。
欲しいもの、必要そうなものを考えれば無限にでてくることになります。

しかし、「どんな暮らしがしたいか」シンプルに考えると
本当に必要なものは、実はそんなに多くないことに気が付きます。
不要なものを捨てていくことは少し勇気が必要ですが、
実行するとすっきりして気持ちがいい。
ちょうど年末の大掃除みたいな感覚でしょうか?


小さな家は、大きな家を小さくして考えてはいけません。
今よりもっと豊かに暮らすために小さな家をつくるのです。


近代建築の巨匠といわれる建築家が両親のためにつくった家です。
18坪の小さな家ですが、
豊かに暮らすための様々な工夫や考え方が見て取れます。
小さな家

モデルハウスのプロモーションを準備しながら綴ってみました。

あなたも小さな家の暮らしを一緒に考えてみませんか?

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

家のイメージのこと

家をつくるときに考えることっていっぱいあります。


家族の将来のこと。

これからの暮らし方。

こだわりやデザイン。

性能、品質、施工。

お金のこと。


実にたくさんあります。


なかでも一番楽しいのは、新しい家での暮らしをイメージしはじめたときではないでしょうか?
「家のイメージをまとめて家づくりノートをつくりましょう」
と教えている、家づくりセミナーなどもありますね。

でも、なかなかイメージどおりのものが見つからなかったり、
お気に入りの雑誌記事を切り抜いたりには抵抗があったりと、
思ったように進まないことってありますよね。


世の中、ネットのおかげで便利になりました。
知恵とアイデアをシェアしてくるサイトがたくさんあります。
クリップしたり、
ポートフォリオにまとめたり、
いろんなアイデアにふれるとぴったりのものに巡り合えそうです。


まだ、立ち上げて間もないサイトのようですが、
スマホでの使い勝手もいいので結構おすすめです。

イエモ
インテリア&リフォームまとめ情報サイトiemo[イエモ]


わたしたちもお客様の「家のイメージ」を確認したいときにはとても重宝しそうです。
このサイトを使ってクリップしたら、ぜひ見せてください。

テーマ : 家具・インテリア
ジャンル : ライフ

ホームページはこちらから

アイビーホーム ホームページ

訪問ありがとうございます
ようこそ
お問い合わせは・・
こちらからどうぞ。

最新の記事
カテゴリー
過去ログ
日経ホームビルダー掲載

2007一人当たり売上高

保証加盟団体
(株)日本住宅保証検査機構

お役立リンク
施工作品7
u001110710
i001m001
k001h001
KT 001ss001
NY001KM001
施工作品6
HD001TD001
ST001KI001
SM001ta001
su001ku001
ts001ya001
施工作品5

ji001ot001 kk001ss001 gd001AF001 KG001TG001 SOZAISM001

施工作品4

TS001kn001
wk001wt001KT001HI001
MK001MM001
MT001MZ001

施工作品3

OK001TD001
KH001NM001
O001HG001
ST1006IT001
YT001OY001

施工作品2

TG001MZ001
HD001TS001
MS001GO001
KT001TY001
KS001KJ001

施工作品

TN001TS001
KR001OM001
FS001MJ003
IO003AH003
KO001KK001

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。